まいログ

自分らしく楽しくをモットーに✩

学校に行かなくてもなんとかなる

決論から言っちゃうと学校に行かなくてもなんとかなる。

というよりかはなんとかなってた(笑)。

f:id:no0620620:20200327210558j:image 

中学生のときは、学校に行くことが当たり前だと思ってたから、突然学校に行かなくなるのはタブーだと思い込んでいた。だから、自分から進んで行かない選択をしたわけじゃなかった。

 

それから時は流れて、高1の年に高認を受けるようになった。高校にも通信にも行きたくなかったから高認を選んだ。中学のときとは違って自分で選択した!と満足な気持ちでいた。

f:id:no0620620:20200327210255j:image
 

中学生の頃にした選択は、流れ着いた結果だと思ってた。高認は意図的に自分で決めたつもりでいたけど、無意識であれ、なんであれ、全て自分で決断してきたことだと気がついた。
(最近、やっとね!笑)

学校に行かなくてもいい方向にいっているから、自分はこれでよかったなぁと。

 

f:id:no0620620:20200327210011j:image

学校を離れて数年経つけど、今思うのは、学校に行かなくても、将来はなんとかなってた現実があったということ。
学校に行かないって言うと白い目で見られるから…と思っていた頃は、早く大人になればこんな風に感じなくて済むのにって考えてたけど、大人になるにつれて「学校に行ってません。」なんてわざわざ言う機会がないこと本当に知った。

 

 

読んで頂きありがとうございました★

 

 

学校に行く行かないが重要な問題ではない

私たちは、小さい頃から「学校に行くことは当たり前、学校に行かないことはダメなことなんだ」という教育をされて育つ。(暗黙のルールでね)

f:id:no0620620:20200320203912j:image

おかげで、不登校になり始めの頃は、罪悪感と自分はなんてダメな子なんだという想いでいっぱいだった。

 

でも、大人になるにつれて学校に「行く、行かない」ってそんなに重要なことなの?と思い始めた。

(「学校は勉強をする場所です。」と小学校の頃の担任がよく言ってたけど…

勉強だけするなら家でもいいんじゃない?場所関係なくない?ってね。

f:id:no0620620:20200320203343j:image

だって、学校に行ったって型通りの教育しかされないし、学校に行ってない偉人も多いし…。

学校に行くことがそんなに重要な問題なら、今頃、偉人がゴロゴロいても、おかしくないと思うんだよね。


だけど、偉人になっている人は少ない。

自分で決めてきた人達が偉人になっているじゃない?!と。
そう考えたら、学校に行く、行かないは重要な問題じゃないじゃん…!!て思っちゃったわけです。)


だから、最近は学校に行く、行かないが重要な問題じゃなくて、自分で選択して決めていくことが重要な問題だと自分は思ってる。


読んで頂きありがとうございます!!

ブログ開始です!

 

 

自分にあった私服の制服化

ミニマリストが自分の中でブームだった頃、私服の制服化は憧れのテーマでした(笑)。

実際周りにも制服化をしている人がいて、「私服の制服化って、とてもラクそう!いい!」そんな風に思っていました。

f:id:no0620620:20200214211814j:image

いざ、同じ洋服を上下共に3枚ずつ揃えて、2週間ぐらい私服の制服化を試してみたところ…あれ違うぞ?と。落ち着かなくて、何より捨てたい気持ちに駆られました。

f:id:no0620620:20200214212008j:image

結局、私服の制服化で買った服は1枚ずつに。私服の制服化は案外、難しいかもと感じ始めていました。

それでも諦めきれなかった私は、もう一度違う服で挑戦してみるも失敗。諦めかけた頃、「ん?これって私服の制服化じゃない?」と思ったのがこれ↓

コーデのパターンは変えずに、洋服は毎日違う服を着る。

f:id:no0620620:20200214212022j:image

完全なる制服化ではないけど、これが自分にとって心地がよかった。

当時は同じ服を毎日着ないのは、私服の制服化じゃないじゃないか!と思っていた。私服の制服化にこだわり過ぎて、自分の心地良いを見落としていたけど、今は自分の心地良いを優先したいと思う。

 

 

 

自分に合ったスマホ断ち

スマホを見てたら、1日過ぎてたなんてことありませんか?

私はしょっちゅうありました。その度に、激しく後悔(笑)。後悔しても時間は戻ってこないので、スマホの使い方を見直して見ることに。

f:id:no0620620:20200207212000j:image

スマホの時間を減らすためにやってみて合っていた方法と合わなかった方法を共有したいと思います。

合っていた方法

・紙の本を読む

YouTubeを見ない

・目的を持って調べるもの(意味、漢字とか)以外は開かない。

例えば私の場合は、YouTubeを見る→色々欲しい物が出る→ネットで検索→長時間スマホを見て過ごすことが多かった。スマホを見てると、興味が色んなところに移るから必要じゃない時は見ないようになった。

合わなかった方法

・見る回数を限定する

・時間を決めてやる
時間を守れなかった時、自己嫌悪に陥ることが多かったので、やめました。

※あくまで私が合った方法と合わなかった方法です。

f:id:no0620620:20200207212305j:image
自分に合ったスマホ断ちをして、習慣化されつつある今、無意識でもスマホとの距離を保てるようになれたらなぁと思う今日この頃です。

 

 

 

高校に行くのではなく、高校認定試験

中学3の歳ぐらいになると必ず聞かれる、「高校どうするの?」問題。うちも例外なく、親に考えておきなさいと言われていた。

私はどうしても高校に通いたくなかった。
フリースクールでも通信に行っている子が多かったが、それも嫌だった。

通学も嫌、通信も嫌、でも、高卒の資格は必要…どうしよう?と考えていた時、フリースクールで小耳に挟んだのが高認だった。

f:id:no0620620:20200203205541j:image

自分のペースで勉強しながら、好きなことができると聞き、コレだ!!とピンっときたのは、今でも忘れられない。

親に納得してもらうために、材料を集めて、何回か説得。無事に高認を受けさせてもらえるようになった。

f:id:no0620620:20200203210025j:image

そこから1年半で高認を取る計画して、残りの1年半は大学受験に当てる予定だった…けど、大学受験は考えた末、やめた。(※高認は1年半でとったよ!)

こんな感じで高認を受けるまでに至った経緯を書いてみたが、とにもかくにも、高校に行きたくなかった。

 

 

SNSで自己肯定感は上がらない

1年ほど前、私はSNSで自己肯定感を上げようとしていた。

f:id:no0620620:20200131213403j:image

SNSで自己肯定感を上げるために、何をしていたかというと、流行り物の写真を載せるなど、みんなと同じことをしていた。
可もなく不可もなくという状況で、自分のことを認めてもらおうと必死だった。

だけど、自分を繕っていたので毎日、疲れていたのも確か。目的もなく使っていたからか、自分が自分でなくなるように感じた。

 

メンターに相談して、自分はSNSに自分を認めてもらおうと思っている事に気がついた。自分が自分らしく居られないと思い、SNSをやめた。(今は違う目的のためにSNSを使わせてもらっている。)

f:id:no0620620:20200131213442j:image

そこから得たことは、自分のことを認めるのは自分しかいないということ。自分が自分らしく居られないなら、SNSと距離を置くことをおすすめしたいと思う。

 

皆さんは、どんな理由でSNSを使っているのかはわからないけど、もし、SNSで自分のことを認めようとしているのであれば、SNSではなく自分しか認められない。ということをお節介かもしれないが、伝えたい。