まいログ

「月曜日」不登校の話 

不登校のはじまり 【親の想い】

「家を出る時間をとっくに過ぎてるのに、
気持ち悪いって言ってトイレにはいったきり出てこないんだけど…。」という家族から、連絡があったのは、GW後、すぐの事だった。
当時、私は子供より先に家を出て仕事に行っていた事もあり、朝の(子供の)状況が全然分からなかった。体調不良ということであれば今日1日位休ませて明日からまた学校に行けばいいよ、と楽観的にしか思ってなかった。
しかし、次の日も昨日と同様な内容で家族から連絡があった。3日目も…4日目も…5日目も…。
“もしかして、うちの子は不登校なの!?”
“まさかね…うちの子に限って不登校ってことは…ないよね…”という葛藤していた。

・夜になると「明日は必ず学校に行く」というが、朝になるとトイレにこもってしまう。

f:id:no0620620:20190623215734j:image
・学校を休む理由を何度も何度も聞いたが、「(学校を休む理由が)分からない」と言い理由らしい理由がない返答。
・学校の登校時間を過ぎると少し元気になるが、青白い顔をし魂が抜けたような覇気のない表情をしている子供。

家の中では、上記のような子供の状況が続いていたが、なんとか学校だけには連絡を入れなきゃと思い毎朝学校には連絡を入れてはいたが「今日もまた欠席ですか?プリントが溜まっているんですけど。お母さんが取りに来てくれないと困るんですけど。」など心ない言葉を言う学校の対応に、怒りというよりも子供を教育している学校という場所が、こんな対応するなんて…と、とても悲しい気持ちになった。 

f:id:no0620620:20190623215713j:image

5月末位になってくると、家の中もギクシャクし始めた。
本人が1番苦しい事は頭ではわかっていたが、家や仕事や子供の事や学校とのやりとりなどに疲れ果ててしまい、学校に行けない事を
本人に責め立ててしまった事が何度もあった。。しかし、本人を何度責めても状況が変わる事はなく何もならないと思い責める事をしなくなったが、それを境にして、自分の方がストレスフルになり、病気になってしまった。。

 

次回に続く

 

他に記事にしてほしいことなどがあれば気軽にコメントください!

最後まで読んで頂きありがとうございます(*゚▽゚)ノ