まいログ

「月曜日」不登校の話 

大学受験をやめてから今に至るまで〈子の想い最終回〉

「自分の好きなことをした方がいいよ」という言葉に出会い、自分の人生をもっと大切にしたいと想うようになっていた。

f:id:no0620620:20190812234442j:image

精神的におかしくなってたら、自分の好きなことどころか、何も出来なくなる!!と思い、いろいろ考えた結果、大学受験をやめた。


でも、やめたはいいけど、本当はやめない方がよかったのかもと思ったりして、大学へ行くことに対しての未練はタラタラだった。

 

そして、とりあえず、大学に行っておかないとという思い込みと家族の手前もあり、通信の大学を受けることに。

大学へ行くことに躍起になり別の学部を受けていた。

f:id:no0620620:20190812234123j:image

医学部へ行きたかった気持ちはどこへやら…。

 

そんな血迷ったことをしていたので、受かるワケもなく結果は不合格。撃沈…。

 

それから、数ヶ月、途方に暮れる日々が続いた。

f:id:no0620620:20190812233709j:image

出来ることといえば、マンガや本を読んだり寝ることだけだった。今思うと、この時期が、自分の人生を見つめ直す、いいきっかけになった。

 

自分の人生を見つめ直す中で、改めて人のためになることがしたいと思い、自分の経験が誰かの助けになるのであればと考え、自分の不登校についての発信をしてみようと思い、今に至る。

 

最終回まで読んで頂きありがとうございました<(_ _)>

 

※子の思い、親の思いは5部構成になっています。興味のある方は、ぜひ見てください!

 

他に記事にして欲しいことがあれば気軽に連絡ください!