不登校になる前には学校のことをどう思ってた?不登校Q&A【親編】

学校⇨子供時代には絶対にいくべき場所。
そりゃ、毎日毎日学校に行ってれば、嫌な事や苦しい事はあるし逃げ出したい時もある。けど、その都度起こる嫌な事や苦しい事に対していちいち逃げてたら、逃げ癖がついてしまい、大人になってから困るのは我が子。
だから、良い事も悪い事も含め様々な事を学べる学校というのは大事な場所だし、学校には絶対に行くべき場所だと思っていた。
しかし、当時を冷静に振り返ってみると、
子供が学校に行くこと=親側が経験してきた価値観や世間体にすごく振り回され、親側には余裕は全くなく、我が子の気持ちに寄り添うことなんて全然できなかった。

f:id:no0620620:20190902204917j:image

いま、世の中での不登校に対する価値観もだいぶ変ってきています。がしかし、世の中の不登校に対する価値観が変わってきているといえども、当事者達(不登校の子そして家族)の価値観を変えることは一朝一夕にできる事ではないし、今もトンネルから抜け出せずに途方にくれてる方々はいると思います。
そんな方々のために、少しでも、私達親子の経験談が参考になるのであれば、幸いです。

 

他に質問、疑問等ありましたら、ご連絡ください!