自殺したいと思ってたけど、思い留まった理由

 

Q.不登校の時、自殺したいと思ったことはあった?

A.自殺したいと思うこともあった。

 

Q.どういう時に思ったか?

A.家族と不登校のことで衝突して、自分のことを認めてもらえないと思った時。
学校に行けない自分は、要らない存在だと思っていた。

 

Q.なぜ、自殺しなかったのか?

A.マンガの続きが気になっていたから。(笑)

また、死ぬのが怖かったから。

 

f:id:no0620620:20190909210624j:image

自分で死ぬのは怖かったし、当時、ハマっていた銀魂(マンガ)の続きが気になって仕方なかったので、どうせ死ぬなら次の巻が終わってから・・・あと2、3ヶ月待てば次巻出るし、それ読み終わってから・・・とエンドレスで続き、いつの間にか死にたい気持ちは薄れていた。

 

自殺したいとは思っていた時期もあったけど、マンガの続きが読みたかったがばかりに、自殺には至らなかったんだと思う。今も、マンガは自分にとって、常に心の支えになっている。

 

また、今思うと、周りに支えてくれる人がいたからこそ、生きてこれたのかなと思うようにもなった。