まいログ

「月曜日」不登校の話 

我が子が自殺を考えていた時の親の想い

 不登校の子供をもつ親ならではの悩みあるあるはいくつもあるが、その中でも特に大きな悩みだったのは、我が子の将来の事そして
自殺の事だった。
子供の自殺に関しては、不登校の子供を持つ親だけの悩みだけではない。子供を持つ親の共通の悩みなのかもしれない。
子供の自殺対策は、1+1=2みたいな絶対的な正解がないし、何が正解で何が正解じゃないのか分からない。
その中でも、当時、もがきながら親として自分なりにやってきた事を書いていきたいと思う。


我が子の様子の異変に気付いたのは、不登校になってから、数ヶ月経った頃だった。
明らかに、普段と顔色が違う。

f:id:no0620620:20190916211129j:image
顔色が違うだけなら、体調が悪いのかな??と思うだけだが、目つきが明らかに違っていた。生気のない目だ。
“自殺”のニ文字が頭をよぎった。
仕事中に“我が子が死んだ”と連絡が入るかもしれないと毎日ヒヤヒヤし、生きている心地がしなかった。
その当時、様々な本を読み漁ってみたものの著者によって意見がバラバラで、何が正解なのか分からなく混乱していた。

 

解決策もみつからず混沌とする日々を
過ごす中、ある時、正解かどうかは全く分からないけど、自分で考えた解決策というものをとりあえずやってみよう!と思い、色々試してみた。(以下に書いたものは解決策として考えた案の中のほんの一部です)

・コミュニケーションをとる
(各人がどんな1日を過ごしていたかを
話合う。
※各人の行動などに対しての否定はNG)

・家にいる時間が多い人が家事をする
(※得意な家事など子供自身の意見を
取り入れて、親が強制的になら
ないよう気をつける)

などなど…。

f:id:no0620620:20190916211416j:image

親だって人間。神様みたいに我が子が考えなど全てを分かる訳ではない。
ただ、分からないからこそ、我が子の態度や言葉などに含まれる小さな変化を見逃さないよう、自分なりに細心の注意は払うよう努力はしてきた。