まいログ

「月曜日」不登校の話 

不登校でよかったと思うこと

今振り返ると、不登校になっていい面も悪い面もあったと思います。

そこで、今回は不登校でよかったと思うことを3つ紹介します。(※あくまでも私が経験して思ったことです。) 

1.学ぶ楽しさを知った

 独学で最初は何をすればいいのか全然わからなくて困ったけど、とりあえず勉強をしてみて、やってる内に段々楽しくなって、もっと学ぼう!という気が起きて学ぶ楽しさを知った。

f:id:no0620620:20190923210806j:image

 

2.自由に発想できる環境

自分の古い固定概念に囚われないで、どうやったら楽しくできるかな?とか考えながら動けるようになった。(今も特訓中)

f:id:no0620620:20190923210810j:image

 

3.1人で考える時間が持てた

 ひきこもっていたときもあったからかもしれないけど、自分が将来何をしたいのか?自分はどんな人間になりたいのか?など将来のことを1人で考える時間を持つようになった。

f:id:no0620620:20190923210815j:image

 

上の3つの事は大人の年齢に近くなるにつれて、重要なことであると実感させられることが多くなってきた。
不登校をすると、ろくな大人にならないと言われたが、必ずしもそうなる訳ではない。自分の心の持ち方、考え方、周りの環境などで将来の選択肢の幅は広げていけると思っている。