まいログ

「月曜日」不登校の話 

不登校のデメリット(おや編)

子供の不登校には、メリットの面があれば、もちろんデメリットの面もある。
何事もそうだが、メリットだけデメリットだけ、という事は決してない。
子供が不登校をしているだけで、親の気持ちとしては不安が膨張し、デメリットの面だけしか見えなくなってしまう気持ちは良く分かる。だからこそ、敢えて、前回は我が子が不登校した事のメリット(プラス)面を書いた。
今回は、当時、親として不安を抱え悩んだ(=デメリット)複数の事柄の中から今回は、2つだけ書いていてみたいと思う。
(あくまでも個人の感想です)

1.学校との関係

f:id:no0620620:20191014203510j:image
学校との関係で、こんなにも悩み、そして苛立ち等の感情を抱くという事ががあるんだろうかという経験をしたのは我が子が不登校になってからである。
今思い返してみても、先生方の何気ない言葉や対応に親も相当傷つけられたのに、我が子が傷つけられてないって事はなかったんじゃないかと思う事がある。
ある日『学校にさえ来ることが出来ない人間は、ろくな大人にならないですよ』と
ある先生に、面と向かって言われ、愕然とした事があった。不登校した初期の頃のエピソードである。
先生にも先生の立場があるからなぁと思い、その言われた言葉を理解しようと努めてみたものの、相手の状況も考えず発言するのは、社会人(先生という立場であっても大人であり社会人でもある)としていかがなものなんだろう???と最後の最後まで理解は出来なかった。

f:id:no0620620:20191014203643j:image
こういう学校に行かせて大丈夫なのかなぁという不安と、それとは裏腹に我が子に学校に行って欲しいとの気持ちの葛藤が、長い間続き、心身ともに疲れ果て病気をする要因にもなっていった。

2.周りの人(親族、ママ友など)への対応

f:id:no0620620:20191014203657j:image
以前書いたが、我が子の不登校の理由は、いじめとか体罰とか、これっ!といった理由もなく、また本人自身も理由が分からなかったこともあり、親としては、周りの人々に、我が子の不登校の事について、何んて言っていいか分からず、初めのうちは話をはぐらかす感じで答えていたけど、途中からだんだん「学校になんで行かないの?」とか「学校に行ってないのに進路はどうするの?」などと質問されるのがしんどくなり、親族やママ友などにあまり会わなくてすむよう策(例えば、ママ友に会いそうな時間には買い物には行かない、親族が集まる時にはスーパー短時間で帰るなど)を練って行動したりして、別に何も悪いことをしたわけじゃないんだけど、自由な行動が出来ない時期があった。


不登校という事柄に関して昔に比べれば、
緩くはなってきているが、だからといって親の悩みが緩やかになっているかというとそうでもないと思っている。

ただ、時間の経過(短期間で解決できる問題だとは思わないが)とともにデメリットだった事もメリットに変わる時期が、来るものであると確信している。