まいログ

「月曜日」不登校の話 

子供が学校に行ってないと言うだけで…。(おや編)

先週は上記のタイトルで我が子の体験談を記載したが、今回は不登校の子供をもつ親としての体験談を記載したいと思う。

親は、自宅や職場などが生活の中心の場となると思う。子供とは生活の中心の場は違えども、子供が学校に行ってないと言うだけで、我が子が体験した、避けられたり、偏見を持たれることは親側にもあった。

f:id:no0620620:20191111203315j:image
ただ、親側は、避けられるというよりも、偏見をもたれる事が多く(例えば、あそこのうちは子供を甘やかしてて親の教育が根本的に間違っているとか、親の主張が強く子供の自立心が育ってないからだ!などなど。)事情を説明をするにのも当時の自分の状況ではしんどく、避けられるというよりは自分から周りの人に対して距離を置いていた気がする。

f:id:no0620620:20191111203503j:image

我が子が不登校をしていた時、自分は仕事をしていた。ある時、職場で「うちの子は来年から〇〇大学」「うちの子は高校2年で来年受験生でお金がかかるんだよ」などと子供が学校に行っているご家庭の話なら、なんでもないたわいのない話だろうけど、その中で「うちの子は不登校で学校に行ってないし、また高校にはいかず高認を取得して大学受験を目指しているんだ」とは言う事が出来ず、職場の人達と子供の話題になった時は、いつも相手のお子さんの話を黙って聞いているしかなかった。

でも、いま振り返ってみると、あの当時、周りの人に対してもっとオープンに話、理解してもらえるよう努力してれば、何か変わっていたのかなぁ…と思う事がある。

f:id:no0620620:20191111205333j:image

自分達親子の体験を綴ることで、多様な教育、多様な考え方、多様な働き方など、『多様な〇〇』という言葉を言葉上の理解だけなく、自分とは違う相手認めるたり受け入れる事が出来ると、もう少し生きやすい社会に変わっていくのではないかと思っている。

 

 

興味のある方は・・・前回の記事↓

www.enmai.net