まいログ

「月曜日」不登校の話 

自分を知ると見えてくること

私は学校に行かなかった人間。
いま思うと、学校に行っても行かなくても、自分のことを知る機会が全くなかった。しかし、高認を取るにつれて、仙人ライフを送るようになり、必然的に自分と向き合わなくてはならなかった…。
そんな私が仙人ライフで得た、自分を知ると見えてきたこと3つを今回、ご紹介したいと思います!

1.人と比べなくなった

f:id:no0620620:20191115200421j:image

昔から完璧主義で人と比べることが多く、自己嫌悪に至ることがよくあったが、完璧な人はどこにもいないし、自分は自分っていうスタンスに変わってきた。

2.好みがわかった

f:id:no0620620:20191115200436j:image

自分は何色が好きで、何が美味しく感じるのか?とか自問自答し続けた結果、「あ!自分ってやっぱりこれ好き!やっぱり好きじゃないなぁ」とか改めて再確認をした。

3.決断が早くなった

f:id:no0620620:20191115200447j:image

自分のことがわからなかったが故に、優柔不断だったけど、自分の好みが、わかってきて決断が早くなった。(いまも特訓中)


仙人ライフを送ってきたけど、決して1人の力で、ここまで気付くことが出来た訳ではなく、家族、友達以外にもプロのメンターに出会えたからこそ、ここまで自分の事が知れたのだと思う。

日本ではあまり主流じゃないけど、自分の人生設計などを考えるときにプロに頼むことも、一つの方法だと実感した。