まいログ

自分らしく楽しくをモットーに✩

多様な学びについて

先週は、我が子が自分の体験談を載せ、多様な学びの必要性について書いた。
多様な学び(場所や方法など)がある事は、親としても賛同する。

f:id:no0620620:20191223202944j:image

実は、とある時期に、今現在の学校の現状がどんなものだか知りたいと思い、学校関係機関で相談業務をしていた事がある。
様々な相談を受けていく中で、学校にちゃんと通いまじめに授業を受けているのにも関わらず、学校で学んだであろう事がいかされてなかったり、社会性が身についてなかったり、自己肯定感が低い子が多い事など、学校に行ってようが行ってなかろうが、子供達が悩む事柄に対して類似点が多い事に気づいた。

f:id:no0620620:20191223202751j:image
前回、親として不登校について肯定も否定も出来ないという事を書いたが、上記の自分の相談業務経験の中から得た感覚からでもある。

学校に行く事が善で学校に行かない事が悪と捉えるのではなく、子供達が、いつ、どこで、何を、誰と、どうやって学んでいくのかを、親や身近な人達が、子供達と一緒に考えていく事が1番大切な事ではないかと思っている。
そのためにも、多様な学びの場所や方法が、今後ますます充実していく事を願う。

f:id:no0620620:20191223202742j:image
半年間、不登校の親のブログを読んでくださり、ありがとうございました。
親子の不登校の体験談が皆様の少しでも、 お役に立ていられたら、嬉しい限りです。
我が子の方のブログは続きますが、今後、親の方は、子供達そして親または家族で多様な学びができるよう学び場の提供の準備を始める所存おり、親のブログは終了させて頂きます。
今まで、本当にありがとうございました。
またどこかでお会いしましょう。