まいログ

自分らしく楽しくをモットーに✩

本を読まなかった私が本を読むようになった話

私は、15歳ぐらいになるまで、ほとんど本を読まなかった。(マンガは読んでたけどね!)

なので、全然読解力がなく、苦労することも多かった。(問題解けなかったり、教養がないばっかりに自分をコントロールする術を知らなかったなど)

f:id:no0620620:20200110193720j:image
ある時、当時ベストセラーの「フランス人は10着しか服を持たない」にとてつもなく興味をそそられた。今まで、本を最後のページまで読まなかったのに、これは読破してしまった。世の中にはとても楽しい本があるんだ!と初めて気付かされた本だった。


しかし、その当時読破したのはそれ1冊だけだった。

f:id:no0620620:20200110193309j:image

それから時は流れ、通信の大学に受験する際に、本を読まないといけなかったので、急ピッチで読破した。その時に読んだのが、「金持ち父さん貧乏父さん」。大学は見事に落とされたけど、本を読む習慣がいつの間にかついていた。とてもいい機会が得られたと感じている。


本を読まないということは、経済的な格差を生み出す要因の1つになっていると考えている。