まいログ

自分らしく楽しくをモットーに✩

学校に行く行かないが重要な問題ではない

私たちは、小さい頃から「学校に行くことは当たり前、学校に行かないことはダメなことなんだ」という教育をされて育つ。(暗黙のルールでね)

f:id:no0620620:20200320203912j:image

おかげで、不登校になり始めの頃は、罪悪感と自分はなんてダメな子なんだという想いでいっぱいだった。

 

でも、大人になるにつれて学校に「行く、行かない」ってそんなに重要なことなの?と思い始めた。

(「学校は勉強をする場所です。」と小学校の頃の担任がよく言ってたけど…

勉強だけするなら家でもいいんじゃない?場所関係なくない?ってね。

f:id:no0620620:20200320203343j:image

だって、学校に行ったって型通りの教育しかされないし、学校に行ってない偉人も多いし…。

学校に行くことがそんなに重要な問題なら、今頃、偉人がゴロゴロいても、おかしくないと思うんだよね。


だけど、偉人になっている人は少ない。

自分で決めてきた人達が偉人になっているじゃない?!と。
そう考えたら、学校に行く、行かないは重要な問題じゃないじゃん…!!て思っちゃったわけです。)


だから、最近は学校に行く、行かないが重要な問題じゃなくて、自分で選択して決めていくことが重要な問題だと自分は思ってる。


読んで頂きありがとうございます!!

ブログ開始です!